給湯器の水漏れ原因と種類やその基本機能

給湯器の水漏れ原因と種類やその基本機能 日本は戦後からの復興を遂げ豊かな国になりました。その象徴のひとつであるライフラインのインフラは全国各地隅々にまで行き渡っています。水道インフラにおいても高い普及率になり、ほとんどの家庭で水に困るところはありません。水が不自由なく使えるようになった今、給湯器も普及しお湯も容易に使える時代になりました。多くの学生が使う小さいアパートにおいてもコンパクトな給湯器の設置は珍しくなく、毎日シャワーを浴びられる学生は少なくありません。現代の給湯器においては、そのような簡易的なものから暖房機能といっしょになった給湯暖房機などさまざまなものがあり、選択肢が多くなっています。熱源においても電気、ガス、灯油と種類があり、また最新のものは省エネを追求しエネルギー効率がかなり向上しています。そんな最新給湯器であっても水漏れなどの故障はゼロではありません。どのようなタイプの給湯器も、給水管の破損や接続部から水漏れが起きることは共通して発生します。

■電気給湯暖房機の特徴

電力会社が推奨している電気給湯暖房機の特徴のひとつが大きなタンクです。電気使用料金の安い深夜の内に水を温めタンクに貯蔵し日中それを使用します。ガスや灯油のものと違い火力を使わないため火事の心配を減らせます。また光熱費の心配面はオール電化にすることで解決できます。電力会社各社においてオール電化に対応した割引を実施していますのでホームページなどで確認するといいでしょう。オンライン上で現在の光熱費と比較できるところもあります。電気ですから停電になった際には困りますがそれは他の給湯器でも同じです。電気がなければ使えない給湯暖房機がほとんどだからです。むしろ、電気給湯暖房機はタンクにお湯が貯まっていますのでしばらくはお湯が使えます。

■ガス給湯暖房機の特徴
ガス会社が推奨しているのはもちろんガス給湯暖房機です。現在のものは以前のそれと比べるとエネルギー効率が格段に改善されています。旧タイプのガスボイラーは使用時に周りが暖かくなっていました。それは水を温める熱エネルギーが外へ逃げていたことを意味します。現在のガス給湯暖房機においては機械そのものを触ってもさほど暖かく感じないくらい熱エネルギーを効率よく水を温めるのに使えています。また光熱費の面においてもオール電化と比べて大差はありません。それは電力自由化に伴いガス会社でも電力供給を始めているところがあり、電気を使用しているガスのガス会社と契約することにより割引を得ることができるからです。電気契約を変更するのも複雑な手続きが不要なところが多いです。各ガス会社のホームページなどで電力の供給があるか確認するといいでしょう。

■簡易的な給湯器の特徴

台所などに設置されているコンパクトな給湯器も多数存在します。ワンタッチですぐお湯が出る便利な機器です。ガスのタイプが多いと思いますが灯油タイプも存在します。古いタイプでは給湯時の着火を素早く行うための種火を灯しておくものがあり給湯時以外でも燃料の消費を余儀なくされました。現在のものは点火技術が向上し種火の必要のないものが普及しています。給湯中のエネルギー効率も以前に比べ改良されています。給湯器からお湯が出てくる間隔も短縮されており、シャワーと炊事などで同時にお湯を出しても使用が困るくらい水勢が弱まることも減りました。

■まとめ
現代の給湯器は独り暮らしのアパートなどに設置される簡易的なものから、かつてのボイラーのような暖房機器といっしょになった最新の給湯暖房機までさまざまなものがあります。住宅環境や使用頻度そしてコスト面からも考慮できるほどの選択肢があります。最新機器は安い買い物ではありませんのでしっかり情報収集し自分に合ったものを選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース