寒冷地特有の給湯器水漏れ原因

水道管凍結による水漏れは寒冷地の冬季において気をつけるべき常識です。寒波が訪れ明朝の気温が低いとテレビなどでも水道凍結注意のお知らせが流れます。実際、北海道の冬は最高気温がマイナスの真冬日が何日もあります。暖房機能の向上と住宅環境の進化に伴い住宅内の温度は昔に比べ暖かくなり住宅内にある水道設備が凍結することは少なくはなりました。しかし、築年数の古い木造アパートなどへは今でも水道凍結で水道業者がよく出動します。水道が凍結するとは水が氷になるということです。水は凍ると体積が増えます。つまり密閉状態の水道管の中で体積が大きくなりその圧力に耐えられない箇所に亀裂ができることがあります。

■水を落とす

水道凍結のおそれがある日は水を落としてから眠りに付きます。水を落とすとは上水管内の水を地中深くにある上水道管まで落とすことを言います。地中深くに設置されている水道管は水が凍る温度にはならないからです。水道の元栓を締めることで水が落ちます。ただし、この際蛇口を開ける必要があります。蛇口が閉まっているとそこから空気が入らないため水がスムーズに落ちていかないからです。十分な時間を経ると水は落ちていくかもしれませんがその間に気温が下がり水が凍ってしまいます。面倒くさがらず全ての蛇口を開けるようにしましょう。水を戻す際は逆に水道の元栓を開けます。開けた蛇口全部から水が出てきますので注意してください。蛇口を閉めてから元栓を開けると次蛇口を開けた際にかなりの勢いで水が噴出してくるので気をつけてください。

■水道設備内の水抜き

水道凍結のおそれのある日に水を落とす際には給湯器を含めその他水道設備内の水抜きも行いましょう。水を落とすことで機器内の水が流れ出るものであればいいのですが、そうでないものが結構あります。機器内に残った水分が凍り機器内の配管を壊してしまうおそれがあります。取扱説明書で手順をしっかり確認し完全に水を抜くようにしましょう。ボタンひとつで簡単に行えるものもあれば数ステップを踏むものもあります。抜けの無いよう手順を踏みましょう。給湯器において中の配管に亀裂が走り水漏れが起こってそれが原因で不完全燃焼を引き起こしては大事故に繋がります。たかが凍結と侮ることなく確実に水抜きまで丁寧に行ってください。しっかり覚えて冬のルーチン作業にしてしまうと楽になります。

■まとめ
北海道などの寒冷地では冬の寒い日には水を落とすことが必要です。凍らせてしまうと簡単には復旧しませんし、そんな寒い日には他でも凍結が起こっているのでなかなか業者も来てくれません。面倒くさがらずに水を落とすことを習慣づけてください。また、給湯器を含めた水道設備の水抜きも忘れずに行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ